2011年06月14日

特許法等の一部を改正する法律が公布されました

平成23年6月8日に「特許法等の一部を改正する法律」が公布されました。
これにより特許法が改正され、1年以内に改正法が施行されることになります。
特許庁のホームページからその中身を確認することができるのですが、近年まれに見る大改正となっていると思います。
私が特に興味を持ったのが、新規性喪失の例外(特許法第30条)の改正です。
この規定は、発明者が学会等で発明を発表してしまったとしても、一定の要件のもとで、その発明がその発表によって新規性を失わなかったものとして扱うというものです。
これにより、例えば、大学の先生が特許出願前に発明を学会発表をしてしまったとしても、その発明について特許を受けることができるようになります。

これまでは、この一定の要件を満たすことが新規性喪失の例外の適用を受ける条件だったのですが、今回の改正でこの要件が大幅に緩和され、「特許を受ける権利を有する者の行為に起因して」公知になれば足りることになります(ただし、一つだけ例外あり)。つまり、特許を受ける権利を有する者(発明者等)がその発明品を販売してしまったという場合でも、この規定の恩恵を受けることができることになります。
なお、先ほどの通り、この改正が施行されるのはまだまだ先の話なので、ご注意を。

その他の改正事項については、また機会があれば書き込みます。
posted by 弁理士 前田 伸哉 at 21:02| Comment(0) | 日記

2011年06月12日

ホームページ

本日は日曜日だったので、一日中、ホームページの作成をしていました。
ホームページの作成にはホームページビルダー15を使用したのですが、このソフト、非常に高機能で使いこなすのがなかなか難しい。
けれども、テンプレート類が充実しているので、私のような初心者でも、それなりに美しくホームページを仕上げることができます。
とりあえず「トップページ」と「お問い合わせフォーム」が出来上がったので、公開してみました。他のページは順次完成させていくことにします。
弁理士 前田伸哉
posted by 弁理士 前田 伸哉 at 21:09| Comment(0) | 日記

ごあいさつ

平成23年9月より、千葉県野田市にて「前田特許商標事務所」という特許事務所を開業する弁理士の前田伸哉と申します。
現在は、特許事務所に勤務しており、いろいろと準備を進めている最中です。
本日より、ブログを書いていきたいと思います。
このブログを通して、皆さんに私という人間をご理解いただいたり、今後特許事務所を開業される方の参考情報を提供できたりすれば大変うれしく思います。
皆さん、よろしくお願いいたします。
弁理士 前田伸哉
posted by 弁理士 前田 伸哉 at 10:32| Comment(0) | 日記